浮気相手の身元を調べる重要性

ヘッダー画像

浮気相手の身元を調べる重要性

浮気相手の身元イメージ

自分で浮気の証拠を探すにしろ、浮気調査を探偵に依頼して証拠を得るにしろ、まずは自分のパートナーが不倫をしているのかどうかということが最優先ですが、その次に重要になってくるのが不倫相手がどこの誰なのか?ということではないでしょうか。

身元とひとくちに言っても、その言葉の概念もあいまいですが、一般的には最低限、氏名、住所を指し、それ以外にも年齢や職業、婚姻関係等々のその人物のひととなりがわかるような幅広い情報を指すことも多いです。

パートナーが自白し、これら浮気相手の身元についてもあらいざらい自白すればいいですが、大抵は相手をかばう傾向にありますので、なかなか身元について白状することも少なく、結局、相手のメールアドレスや電話番号、また下の名前や愛称だけしかわからないという場合もあるかと思います。

そして、結局だれなのかもわからないままパートナーとやり直す、または離婚するというケースも多いのではないかと思います。

しかし、不倫相手の身元を調べておくことは、やり直す上でも離婚する上でも以下のようにとても大事なことです。

ここでは、なぜ、浮気相手の身元を調べておくことが重要なのかについて考えてみたいと思います。

慰謝料請求のため

相手がこちらの呼び出しに素直に応じて、膝を交えて話し合いに応じるというのであれば、身元を特定しておく必要はないのかもしれません。

しかし、必ずしも素直に話し合いや慰謝料の支払いに応じる人間ばかりとは限りません。

中には、浮気の事実を認めなかったり、話し合いにも応じず逃げるケースもありえます。

そうなってくると、なんらかの手続きによって請求することになります。

その中で、例えば、内容証明郵便を送付するという手段もありますが、郵便ですので、必ず送り先の氏名と住所が必要になってきます。

さらに、慰謝料請求の裁判を起こそうと思っても、裁判には訴状を送付するために、同じく氏名と住所が必要になってきます。

最低限、相手の氏名と住所がわからなければ、こうした手続きを行うことも出来なくなってしまいます。

なので、先方に対する慰謝料請求を考える場合には、最低でも氏名と住所等の身元は必ず調べておく必要があります。

その他、相手が既婚者の場合には、先方からも慰謝料を請求されることも考慮しなければなりませんし、職業などによっても慰謝料の支払い能力が判断できるかもしれません。

このように、慰謝料を請求する上で、身元を調べておくということはとても重要になってきます。

相手との約束に実効性も持たせるため

慰謝料を請求するまでは考えていないが、少なくともパートナーと今後、二度と会わないように約束させたいという場合もあるでしょう。

その際、口頭で相手に告げ約束させる、もしくはパートナーを通じて会わないようにさせるという手段もありますが、これでは実行力に乏しく、あてにはなりません。

約束をより実効性のあるものにするには、例えば、二度と会わないように告げ、会った場合にはペナルティとして慰謝料請求を行うなどの内容を内容証明郵便として郵送するという方法もあります。

この場合にもやはり相手の身元、特に氏名と住所は必ず必要になります。

仮に慰謝料請求を行うことまでは考えていなくても、少なくとも自分の氏名と住所などの身元が知られているということだけで、抑止力になる場合もあります。

嫌がらせ対策

不倫をしたことを深く反省し、二度と近寄らないという相手であればいいのですが、中には、仲を引き裂かれたことを逆恨みし、その後もストーカーまがいの行為や嫌がらせ行為をしてくるケースもあると聞きます。

せっかくやり直そうと思っても、このような状況では安心して生活できなくなってしまいます。

このような場合でも、相手の氏名や住所など身元を押さえておけば、万が一という時でも、例えば警察に通報するなど対抗措置を取ることができます。

相手の身元を押さえておくということは、後々安心して生活していく上でもとても役に立ちます。


以上、浮気相手の身元を調べておくことの重要性についてみてきました。

パートナーが相手の身元について自白した場合でも、パートナー自身も嘘の身元を告げられていたという場合もありますので、情報の精度を見極めながら、自身でも調べるという姿勢も大事かと思います。

その際、どうしても自身で調べるのが困難な場合には、こちらの情報をもとに探偵に依頼するというのも一つの手段です。

ランキング矢印 不倫相手の身元調査を頼むなら専門の探偵興信所へ

❖探偵興信所へのお問合せ❖