浮気や不倫のきっかけ

ヘッダー画像

浮気や不倫のきっかけ

浮気のきっかけイメージ

浮気、不倫をする原因は、人それぞれです。

ストレス、空虚感、マンネリ、セックスレス、相手への不満、遊び等々、いろんな原因がそれぞれにあるかと思いますが、いくらそうした原因があったとしても、出会いがなければそもそも浮気や不倫に走ることはできません。

特に男性の場合は、パートナーがいても積極的に他の異性との出会いを求めるということもあるかもしれませんが、なんとなく漠然とした原因を抱えながら普段の日常生活を過ごす中で、ある出会いがきっかけとなり、浮気に走ってしまうという事もあるのではないでしょうか。

ここでは、そうしたきっかけとなる出会い方について考えてみたいと思います。

以下のグラフは、相模ゴム株式会社が全国の20~60代男女14,100名を対象に、現在特定のパートナーがいる独身者、および既婚者に対し、アンケートを行った結果です。

SEXフレンド・浮気相手とはどこで出会いましたか?

最も多いのが、「同じ会社」の21.4%です。

男性であれば、会社の部下や同僚など、女性であれば、会社やパート先の上司や同僚などがこれに該当するものと思われます。

やはり、どうしても1日の大半の時間を共にする職場での人間関係がきっかけとなるケースが多いという事がわかります。

2番目に多いのが、「友人の紹介」の16.4%です。

友人の紹介と言っても、わざわざ友人が浮気の相手を引き合わせるというわけでもないでしょうが、たまたま友人として本人に紹介したことがきっかけで関係に発展したというケースなどが予想されます。

3番目は、「友人」の13.9%です。

未婚の場合は、彼氏彼女以外の遊び友達や普段、相談に乗ってくれる友人、今は友人だけど以前交際していた元カレ、元カノなども含まれると思われます。

既婚者の場合は、同窓会などで再会した旧友や子供の学校が同じで顔なじみの父兄などもこうした友人に含まれるのではないでしょうか。

こうした上位3つを見てみますと、やはり日常の生活に身近な人物が、昔も今も浮気や不倫のきっかけになるという事がわかるかと思います。

その他、それぞれのパーセンテージはそれほど大きくはありませんが、以前には無かった「SNS」「ソーシャルゲーム」「出会い系サイト」がきっかけとなっているのが最近の傾向ではないでしょうか。

こうしたインターネットの世界を通じて出会う割合の合計は、4番目の12%にも及ぶことがわかります。

携帯やスマホ、タブレットなどの普及で、誰もが気軽にこうしたインターネットサービスを利用できるようになり、それに伴い、インターネットを通じた出会いをきっかけとした浮気や不倫も増えてきています。

探偵に来る相談の中にもこうした傾向を反映してか、「SNS」「ソーシャルゲーム」「出会い系サイト」をきっかけとする浮気調査の依頼も増えてきているそうです。

SNSやソーシャルゲームなどをよく利用しているパートナーは、要注意かもしれません。

ランキング矢印 浮気調査専門の探偵興信所はこちら

❖探偵興信所へのお問合せ❖