自分で浮気調査をするには

ヘッダー画像

自分で浮気調査を行う意義

自分で浮気調査のイメージ

最近では、自分で浮気調査を行う人も増えてきています。

特に女性の方は、こと浮気問題に関しては、持ち前の勘と探究心を発揮し、証拠を集めていこうという姿勢は今も昔も変わりなく、非常に積極的です。

携帯やスマホ、SNS、その他デジタル機器などのツールが発達した現在では、浮気する方もこうしたツールを利用することによって、相手と関係を深めて行くことができるようになった半面、いろんなものに痕跡を残しやすくなっています。

そうしたものを調査することにより、だれもが比較的簡単に自分で証拠を集められるようになってきているといえます。

しかし、「浮気の証拠となるもの」で見てきましたように、仮に裁判になったとしても通用する決定的な証拠は、肉体関係があるかどうかがポイントです。

決定的な証拠、つまりラブホテルに出入りする映像等は、自分で浮気調査をやってみてもなかなか掴めるものではありません。

尾行なども自分でやる方もいますが、尾行まではできたとしても、肝心な撮影に関しては、熟練された探偵の技術には及ばず、せっかく撮影しても証拠にならなかったという事もよくあることです。

なので、最終的な証拠撮りに関しては、探偵に任せた方が無難ではないかと思います。

かといって、自分で浮気調査をすることもまったく無駄ではありません。

以下のように、自分で調査を行う意義も十分にあるからです。

当事者に自白させるため

例えば、配偶者に浮気をほのめかすメール内容だけを突きつけて自白を迫ったとしても、シラを切られ適当に誤魔化されてしまう可能性が高いです。

しかし、複数の証拠を突きつければ、相手の性格にもよりますが、観念して白状するという事もあり得ます。

それをボイスレコーダーなどに録音し、書面に書かせるなどして、後から覆せないようにしておけば、裁判になったとしても立派な証拠として通用します。

ただし、それでも相手が白状しなかった場合は、以後、配偶者はますます警戒し証拠隠滅に動きますので、白状させるだけの十分な証拠が集まってから、慎重に行う必要があります。

また、もし仮に配偶者がダメでも、一方の当事者である不倫相手に自白させるという方法もあります。

相手の情報がわかっていれば、直接面談するか、弁護士など代理人を立て話し合いを行い相手が自白し、これを同じように録音、書面に残せば、これも立派な証拠になります。

そしてもし、相手がこちら側が既婚者であることを知りながら関係を持ったのであれば、慰謝料の請求も可能となります。

裁判になっても証拠として提出できる

裁判で最も有効な証拠は、肉体関係を推認できる映像等です。

ただし、そうした決定的な証拠以外は役に立たないかと言えば、必ずしもそうとは言えません。

自分で浮気調査を行う過程で、例えば、肉体関係の事実が記載されたメール内容も、証拠としては弱く、単独では不貞を立証できない可能性が高いですが、それ以外にも例えば、ホテルの領収書など複数の状況証拠を積み重ねることにより、裁判官の心証を動かすことができる場合もあります。

なので、できるだけ多くの証拠を集めることも重要ですが、それが証拠としてどの程度有効なのかは、事前に法律の専門家に相談された方がいいでしょう。

その結果、いずれも証拠としては弱いという事になれば、探偵に依頼してもう少し核心的な証拠を得る必要があるなどの判断もできます。

探偵にかかる費用を安く抑えるため

決定的な証拠がなかなか掴めず、探偵に浮気調査を依頼するとします。

一般的に、調査にかかる日数に比例して、その調査費用も高くなってしまいます。

自分である程度調査を行い、だいたいこの曜日に会っている可能性が高いというパターンがわかるようになることもありますし、次回、いつどこで会うという情報も掴めることがあります。

そうすれば、その情報を元に探偵に特定の日に絞って依頼すれば、何も情報が無いままに依頼し、日数がかかってしまうという事に比べ、比較的安く済みます。

このように探偵に依頼する際の補完的な情報を得るという意味でも、自分で調査を行う事の意義はあります。

自分で浮気調査を行う際の注意点

自分で浮気調査を行う際には、配偶者が警戒し証拠隠滅を図らないように、決定的な証拠が掴めるまでは、こちらが調べているということを決して気づかれないように行わなければならないことは言うまでもありません。

まず、配偶者の持ち物を調べる際には、何も変更を加えないようにしましょう。

例えば、配偶者の携帯やスマホ、メモ帳などの私物を見る場合、位置や置き場所は元の位置、置き場所に戻すようにします。

配偶者のパソコンを見たのであれば、閲覧履歴や開いたファイルの履歴なども削除しておきましょう。

また、用心深い性格だったり、浮気の前科がある配偶者の場合は、反対にこちらの携帯やスマホ、パソコン等も見られていることも想定しておかなければなりません。

集めた証拠は携帯やスマホ、パソコンなどに保管せず、外部メモリーに保存し、紙資料なども家には置かないような工夫が必要です。

また、自分の携帯やスマホ、パソコンで「浮気」や「探偵」、「弁護士」などで検索した閲覧履歴は削除しておくようにしましょう。

相手にこちらの動きを察知されてしまっては、せっかくの努力も無駄になりますので、用心に越したことはありません。

ランキング矢印 浮気調査をプロに任せるなら専門の探偵興信所へ

❖探偵興信所へのお問合せ❖