浮気・不貞の証拠となるもの

ヘッダー画像

浮気・不貞の証拠となるもの

浮気の証拠イメージ

夫婦間において、配偶者の浮気や不倫が発覚するきっかけとして、携帯メールのやりとり、通話履歴、ツーショット写真などが多いようです。

これらを証拠として、配偶者に突き付けたところ、配偶者は浮気を認め深く反省し、こちら側が望む離婚や慰謝料の支払いに素直に応じてくれるという場合もあるでしょう。

また、配偶者の浮気相手にもこれらの証拠を見せたところ、浮気を認め、慰謝料の請求にも応じるということもあるかもしれません。

このように、すべてが話し合いで丸くおさまるのであれば、なにも言うことはありません。

しかし、このようにスムースに事が運ぶことは、現実的には稀と思っておいた方がいいでしょう。

人間心理として、自分が不利になることはなかなか認めたがらないものですし、ましてや金銭が絡むとなると徹底的に否定するものです。

お互いの話し合いで解決できないという事になれば、こちらの要求を実現するため、裁判など法的な手段をとるしかありません。

裁判においては、離婚するにせよ、慰謝料を請求するにせよ、法律が定めるところの「不貞行為」があったかどうかが問われます。

不貞行為とは、「配偶者以外の者と、自由意思にもとづいて性的関係を持つこと」、つまり浮気相手とセックスしたかどうかです。

離婚裁判や慰謝料を求める裁判など民事訴訟においては、訴えた側が証拠を用意し、この不貞行為があったということを証明しなければなりません。

従って、裁判でも通用するような、肉体関係があったということが証明できる決定的な証拠が必要になってくるのです。

また、冒頭の携帯メールやツーショット写真を突きつけたとしても、いくらでも言い訳をされてしまい、認めないことが予想されます。

しかし、配偶者が観念し、自ら白状するぐらいの決定的な証拠があれば、なにも裁判まで起こさずとも話し合いで解決することも可能になってくるのです。

決定的な浮気の証拠とは?

それでは、決定的な証拠とはどういったものを指すのでしょうか?

もし裁判に持ち込んだ際には、最終的に判決を下すのは裁判官です。

裁判官が不貞行為(=性交渉)の事実を確認、もしくは推認できる証拠でなければなりません。

どのようなものでも証拠として提出することはできますが、こちらに有利な判決を得るためには、不貞行為があったということを立証するための証拠能力の高いものを用意する必要があります。

では、具体的にどういったものが決定的な証拠となりうるのかを見ていきたいと思います。

浮気の最中の映像

浮気とはそもそも密かに行う行為ですので、当事者がまさに事に及んでいる最中を映像に収めるということは現実的にはなかなかできないことです。

しかし、例えばカーセックスの現場に遭遇できれば、まさに最中の映像を収めることができます。

もちろん、当事者だと判別できるように撮影しなければなりませんが、だれが見ても言い逃れできない、決定的な証拠となります。

ラブホテルを出入りしている映像

ラブホテルといえども密室ですので、最中を映像に収めることはなかなかできませんので、ラブホテルに出入りする当事者を映像に収めることが中心になります。

「確かに入ったがセックスはしていない」と言い逃れされそうですが、ラブホテルはそもそもセックスを行うことを目的とした施設です。

ラブホテルに入るということは、セックスを行ったと誰もが合理的に推認できることですので、これも決定的な証拠になります。

ただし、反論をできるだけ避けるために、滞在時間がわかるような記録の仕方が必要です。

また、ラブホテルを利用した回数も見解が分かれるところのようですが、法律的には1回でも不貞は不貞です。

1回でも不貞と認められる判例も多く存在します。

ただ、今後有利に事を進めるために、例えば離婚なら、婚姻生活が破たんするに至るだけの行為だったという事、慰謝料請求であれば、これだけ精神的な苦痛があったという事を証明するために、継続的に複数回ラブホテルを利用したという映像を証拠とすることは有効なことかと思われます。

宿泊を伴う旅行

二人きりで一泊二日の温泉旅行、そんな外泊を伴う旅行の映像も有力な証拠となります。

温泉目的、遊び目的だったと反論される余地があるという点では、上の二つに比べ証拠能力は低いですが、二人きりで同室に泊まったということが証明できれば、限りなく性交渉に及んだと推認できます。

その際には、旅行中の様子が時系列にわかる映像の方が、より証拠能力が高まります。

配偶者の自白

話し合いの段階で、配偶者が浮気を白状するという事もあり得ます。

しかし、白状すればそれで終わりというわけではありません。

浮気は認めても離婚や慰謝料などについて、話し合いで折り合いがつかず裁判にもつれ込む場合もあります。

裁判になり、法廷の場でも自白すれば問題はありませんが、反対に、浮気の事実を認めていた配偶者も一転否認に転じることもあります。

そうなった際に、事前の口頭での自白はなんの証拠にもなりません。

従って、裁判を見据え自白を有効な証拠とするためには、録音や書面など形に残しておく必要があります。

強要されて自白したという反論を避けるために、録音する際には、話を始める前からボイスレコーダーなどで隠し録りし、こちらは冷静に話を進めるようにします。

そして自白を引き出せたら、書面に内容を記載させます。

記載する内容は、少なくとも以下の点を含めて記載するようにします。

  • ・相手の氏名および住所(その他勤務先など)
  • ・性交渉の事実、およびいつどこでを行ったか(複数回あればその回数分)
  • ・記載年月日
  • ・配偶者氏名および住所、捺印

記載には本人の筆跡がわかるよう手書きにした方がいいでしょう。

その他の証拠

裁判において、上記のような決定的な証拠に比べ、証拠能力としては弱いものの証拠となりえるものについては、その他の浮気の状況証拠を参照ください。


以上のように、証拠の内容、質というのは非常に重要です。

決定的な証拠となる映像を収めるには、熟練された技術を要します。

いざ、現場を映像を収めようと思っても、どうしても気持ちが高ぶってしまい、ピンボケしたり、当事者とはわかりずらい映像になってしまったり、素人ではなかなか証拠となるような映像を撮るのは難しいものです。

そうした証拠取りのプロである探偵に浮気調査を依頼するのも一つの手段ではないかと思います。

ランキング矢印 不貞の証拠を押さえるなら浮気調査専門の探偵興信所へ

❖探偵興信所へのお問合せ❖