浮気されたと思ったら

ヘッダー画像

浮気されたと思ったら

浮気をされたと思ったらイメージ

例えば、パートナーが見知らぬ異性と一緒に写っている画像を見つけてしまった、また、異性と親しげな内容のやり取りをしているメールを見てしまったなど、「もしかして、浮気された!?」と思うきっかけは様々かと思います。

また、最近仕事の帰りが遅い、セックスの回数が減った、なんとなく態度がおかしいという漠然としたことから浮気、不倫を疑う人もいれば、ある程度具体的な証拠に遭遇して初めて、疑う人もいることでしょう。

いずれにしても、浮気をされたと思った後に、どのような行動に出るのかが、今後、問題を解決していく上で重要になります。

パートナーに対するこちらの取る行動によっては、逆に事態を悪化させてしまいかねません。

カッとなって問い詰める

パートナーの様子がおかしい、またはそれをうかがわせる証拠を発見し「浮気」の2文字が浮かんだ瞬間、怒りにまかせてついやってしまうのがこの問い詰めるという行動です。

今まで信用していたパートナーの裏切りは、もちろん誰しも許せることではありませんし、すぐにその真偽を確かめたいという気持ちも無理からぬ心情です。

しかし、すぐに問い詰めるのは、パートナーが本当に浮気をしていてもしていなくても、あまり良い行動とはいえません。

まず第一に、誰の目から見ても明らかな動かざる証拠でない限り、問い詰めたとしてもシラを切られるか、なだめられるなど、かわされることがほとんどで、何も事実を聞き出すことはできないままになってしまい、結果としてモヤモヤとした感情が残るだけとなってしまうからです。

例え、「このメールはなに?」と不倫相手と思しき相手と交わした携帯のメール内容を突きつけたとしても、内容によってはいくらでも言い逃れされてしまう可能性もありますし、なによりも、携帯を見たという行為に対して、逆切れされるなど相手に反論の余地を与え、論点をそらされてしまいます。

そして、パートナーが本当に浮気をしていた場合、問い詰められ、なんとか誤魔化すことに成功したパートナーは、その瞬間からさらに警戒し、ばれないような対策を講じていくことになります。

不倫相手としばらく会わないようにすることもあるでしょうし、携帯のメールや着信履歴などを削除するのはもちろん、家にあるあらゆる証拠を消し去るでしょうし、これからは家に証拠になるようなものを持ち込まないように細心の注意を払うようになるでしょう。

そうなりますと、浮気をしていてもなかなかその証拠を見つけることができにくくなってしまいますし、仮に探偵や興信所に調査を依頼しても、まったく警戒していない人物の調査に比べ、難度も高くなり、調査日数もかかってしまい、結果として費用が高くつくという事態にもなりかねません。

これは浮気された方の性格にもよるのですが、普段から疑い深かったり、とてもヤキモチ焼きの人は、ちょっとしたパートナーの異変に過敏に反応し、すぐに問い詰めてしまうという傾向が強いようです。

もしパートナーが浮気をしていなかった場合、当然パートナーの方もいい気はしないでしょうし、何回も問い詰められると段々と家庭内での居心地も悪くなり、結果としてますます不倫相手の元へ走らせてしまうという逆効果になる可能性もあります。

従って、浮気をされたのかな?と思っても、すぐに問い詰めることは避け、一旦、冷静になることが重要です。

事実を否定しようとする

上の感情のままに問い詰めるという行動とは反対に、パートナーに浮気の兆候が見られても、「そんなはずはない」と否定しまうケースです。

愛するパートナーだからこそ信じたいという気持ちも当然でしょうし、信頼しきっている相手だからこそ否定したいという気持ちもわからないではありません。

また、最悪離婚ということが頭をよぎると、子供がいる場合など、これからどうすればいいのかと今後の不安の方が大きくなり、一人で悶々とした気持ちを抱えながら、なかなか行動に移せないという人もいらっしゃるようです。

しかし、そうして何も行動をしない間にも、もし本当にパートナーが浮気をしていれば、不倫相手に本気になってしまい、家にも帰らなくなり、最終的に向こうから離婚を切り出されてしまうということもありえます。

このような手遅れにならないように、目を背けるのではなく、事実に向き合う姿勢が必要かと思います。

冷静に証拠を集める

上の2つの行動パターンで見てきたように、どちらも事実を確かめ、問題を解決するためにはあまり有効な行動とは言えないという事がわかります。

やはりここは、事実から目をそむけず、なおかつ感情を抑えつつ、相手が言い逃れできないような証拠を掴むための行動を起こすことが先決ではないでしょうか。

そのためには、浮気されたと思ったら、まず、こちら側ができるだけそれまでの態度を変えないようにすることが重要です。

そして、パートナーを泳がせ油断させ、その間にできるだけ自分でできる範囲内で証拠を集めるようにします。

また、パートナーの行動記録をメモなど文章に残しておくことも大事です。

例えば、決まってこの曜日が帰りが遅いとか、規則性を発見できる場合もありますし、ある程度曜日が絞り込めれば、探偵や興信所に浮気調査を依頼する際にも曜日を絞っての調査が可能になり、結果として調査料金も安く済ませることができます。

その他にも、パートナーの態度や言動、様子などをできるだけ細かく記録していけば、後々、もし法的な解決手段を取る際にも証拠として使える場合もあります。

浮気を疑った瞬間からどうして感情に支配され、主観的になってしまいがちですが、こうした記録を付けていく中で、感情に流されず客観的に事実に向き合うことができるようになるのも記録を付けることのメリットと言えるかもしれません。

ランキング矢印 証拠収集のための浮気調査専門の探偵興信所はこちら

❖探偵興信所へのお問合せ❖