アフターケアはしっかりしているか

ヘッダー画像

アフターケアはしっかりしているか

探偵の仕事は、基本的に報告書を提出するまでが仕事です。

しかし依頼した側は、その報告書を受け取ってからがいろいろ大変です。

配偶者と離婚するのであれば、調停や裁判などに発展していく場合もありますし、相手側へ慰謝料を請求する場合もあるでしょう。

そうした中で、ケースによっては探偵に証人になってもらう必要性も出てくるかもしれません。

また、報告書に関して後で問い合わせたいときや別途証拠が必要で再度、調査を依頼する必要性が出てくるという場合もあるかもしれません。

そのように報告書を受け取ったあとも、何かと探偵を必要とする場合もあります。

出廷や別途調査ということになれば、もちろん別途報酬を支払う事になると思いますが、そうした場合でも気軽に頼みやすいようなアフターケアが充実した業者を選ぶことも重要かと思います。

最近では、その他にも、提携している弁護士を紹介してくれたり、配偶者との関係修復のためにさまざまなアドバイスを受けることのできる夫婦カウンセラーが在籍する探偵社も増えてきました。

離婚するにしても、離婚せずにやり直すにせよ、法的な解決手段が必要になってくるケースが多いです。

夫婦間の話し合いで離婚の合意ができず、裁判で決着をつける際には当然、弁護士が必要になってきます。

また、離婚には合意しているものの、親権、財産分与、慰謝料などの条件面で折り合いがつかず、有利な条件で離婚するために弁護士に依頼するという事もあるでしょう。

離婚しない場合でも、浮気相手への慰謝料請求で相手が応じない場合などは、示談や訴訟などで解決していく必要もありますが、その際にもやはり弁護士が必要になってきます。

そんな時、自分で改めて弁護士を探し依頼するという手間がかかります。

その点、弁護士と提携している探偵であれば、自分で一から探す手間も省けますのでとても便利です。

反対に、別れずにやり直したいという場合。

夫婦間に一度できてしまった溝を埋めるのは大変なものです。

ついつい感情的になってしまい、お互いの話し合いだけではなかなかうまくいかないという事もあるかと思います。

そんな時に、夫婦関係の修復に関する専門知識を持ったカウンセラーからの客観的なアドバイスというのは、非常に役立ちます。

そのような夫婦カウンセラーが在籍する探偵社の場合には、気軽に頼めるのもメリットです。

さらに、配偶者の不倫相手との話し合いで、自分一人では自信がないという場合、調査員が依頼人に同行し、不倫相手から謝罪ときっぱり手を引くという交渉まで行ってくれる探偵社もあります(詳しくは⇒総合探偵社AMUSE)。

このように、浮気調査では証拠が掴めればそれで終了というものではなく、浮気調査後が勝負ですので、さまざまな面で依頼人へのサポート体制がしっかりとしたアフターケアが充実している探偵社を選ぶのも大事なことです。

ランキング矢印 アフターケアのしっかりした浮気調査専門の探偵はこちら

❖探偵興信所へのお問合せ❖