W不倫で慰謝料請求する際の留意点と進め方

ヘッダー画像

W不倫で慰謝料請求する際の留意点と進め方

W不倫で慰謝料を請求する際の注意点のイメージ

配偶者の浮気が発覚し、不倫相手が既婚者だったというケースもよくあることです。

こちらも既婚者なら、先方も既婚者というこのようなケースは、俗にW不倫と呼ばれます。

浮気をされた側からすれば、相手が独身だろうとW不倫だろうと浮気には違いありませんが、慰謝料を請求する上ではW不倫の場合は独身者よりも少々厄介であり、慎重に事を進める必要が出てきます。

なぜなら、こちらに慰謝料を請求する権利があるように、先方の浮気をされた配偶者もこちらの配偶者に慰謝料を請求する権利があるからです。

つまり、もし相手方も浮気の事実がわかっている、もしくはこちらが請求することによって相手の配偶者にもバレた場合には、こちらも返り討ちにあってしまい、金銭的なメリットが無くなる可能性も出てきます。

W不倫で慰謝料を請求する上でまず確認しておくこと

慰謝料を請求する条件は整っているか?

W不倫に限らず、不倫相手に慰謝料を請求するには、以下の条件がそろっていることが前提です。

  • ・肉体関係があったという証拠がある。
  • ・相手がこちらが既婚者だったことを知っていた、もしくは少し注意すれば知りえる状況にあった。
  • ・こちらの夫婦関係が破綻していない。

浮気の証拠はあっても、相手がこちらが既婚者だということを知らなかった、また、こちらの夫婦関係は浮気当時、すでに別居等で破綻していたという場合には、請求できませんので注意しましょう。

先方がこちらに慰謝料請求する条件が整っているか?

同様に、相手方がこちらに慰謝料を請求する条件が整っているのかどうかの確認も必要です。

上述しましたように、こちらの配偶者が先方が既婚者だったことを知らなかったという場合や、先方の夫婦関係が破綻していたという場合には、相手はこちらに慰謝料を請求できないということになりますので、相手から請求されるということを気にしなくても済むかと思います。

W不倫における慰謝料請求の4つのパターン

W不倫で慰謝料を請求する際には、こちらが離婚するのかしないのか、先方の夫婦が離婚するのかしないのかによって、以下、4つのパターンが考えられ、それぞれのパターンによって判断する必要があるかと思います。

双方とも離婚しない場合

双方の夫婦とも離婚せずにやり直すという場合でも、もちろん相手に慰謝料の請求はできますが、当然、先方の配偶者もこちらの配偶者に請求してくることが予想されます。

その際、責任の度合いや損害の度合いがほぼ同程度であれば、こちらが請求した額とほぼ同額を請求してくることが予想され、結局、プラスマイナス0となり、金銭的になんのメリットもなくなってしまいます。

なおかつ、離婚せずに婚姻を継続するということは、夫婦間の家計は一つの財布ということが多いでしょうから、一つの財布に同額が入って出るだけですので、この場合は請求してもあまり意味がないということになるかと思います。

こちらは離婚せずに相手方が離婚する場合

こちらは離婚せずに、先方の夫婦が離婚するという場合、上と同様に双方が請求し合えば、こちらの家計から出入りするだけですので、これもあまりメリットがありません。

そればかりか、先方は、浮気を原因として離婚したということになれば、損害の度合は先方の配偶者の方がより高く、慰謝料額も先方の方が高くなってしまう可能性もあります。

そうなると、プラスマイナス0どころか、こちらの家計がマイナスになってしまう可能性もあり、損をしてしまうということもありえます。

こちらは離婚し相手方は離婚しない場合

こちらは浮気の発覚を原因として離婚となり、先方は離婚しないという場合、こちらは離婚し家計が別々になり懐は痛みませんので、通常通りの慰謝料請求を行っても何ら問題はないかと思います。

先方から請求されても支払うのは別れる配偶者です。

離婚ということになれば、損害はこちらの方が大きく、状況次第では慰謝料額も多めにとれる可能性もあり、その上、別れる配偶者にも慰謝料を請求できるわけですので、金銭的に見れば最も得をするケースと言えるでしょう。

双方とも離婚する場合

先方が離婚しようがしまいが、慰謝料の額は別として、上と同様に相手とこちらの配偶者双方に慰謝料を請求できます。


※慰謝料額は当事者同士の話し合いであれば、ある程度言い値で決めることもできますが、裁判となった場合には、慰謝料の金額は、さまざまな条件を考慮して算定されることになりますので、まずは弁護士に相談することをお勧めします。

W不倫で離婚せずに慰謝料請求を行う場合

上で見てきましたように、こちらの夫婦が離婚するのであれば、W不倫かどうかということに関係なく、通常の独身者に対するのと同様に慰謝料を請求すればいいかと思いますが、W不倫で問題になってくるのは、こちらが離婚せずに婚姻を継続する場合です。

上述しましたように、離婚しないのであれば家計はそのまま一緒なので、相手の配偶者から請求された場合には、金銭的になんのメリットも無いか、もしくはマイナスになってしまうという点です。

従って、こちらが離婚せずに金銭的にメリットのある形で慰謝料を得るには、相手の配偶者から請求されなければいいわけです。

相手方から請求されないケースとしては、まず、冒頭で記載しましたように、相手方夫婦がすでに破綻しているなど請求する権利が無い場合です。

なので、まずは相手夫婦の婚姻状況などをあらかじめ調査しておくのも一つです。

もう一つは、相手の配偶者が浮気の事実を知らなければ、そもそも請求されることはありません。

相手の方が先に浮気が発覚してしまったという場合はやむを得ませんが、こちらが先に発覚した場合には、相手の配偶者に知られないように事を進める必要があります。

少なくとも先方の家庭も壊してやろうなどと感情的になって、相手の配偶者に意図的に知らせないことが重要です。

不倫相手ももしまだ配偶者に知られていないのであれば、バレたくないという心理は当然あるはずです。

なので、不倫相手だけを話し合いの席に呼び出すなどして、示談でまとめてしまえば、こちらは支払わずに相手からの慰謝料だけが得られることになります。

ただし、後になって、なんらかのきっかけで先方の配偶者が浮気の事実を知ってしまった場合には、慰謝料の時効内であれば請求される危険性もはらんでいることは考慮しておかなければなりません。

W不倫の場合は先に知ったもの勝ち?

上述しましたように、W不倫において離婚せずに慰謝料を相手から得るには、先に知ったもの勝ちという側面もあります。

つまり、相手の配偶者よりも先に浮気の証拠を得ておくことが重要です。

そして、相手方の婚姻状況や身元調査などを行い、弁護士などの専門家に相談の上、慎重に戦略を練って進めていく必要があるかと思います。

そのために自分で浮気の証拠収集に限界があるようであれば、探偵に浮気調査を依頼するなど迅速に証拠を得るのも一つの方法です。

ランキング矢印 慰謝料を得る為の浮気調査専門の探偵興信所はこちら

❖探偵興信所へのお問合せ❖

タントくん説明文

タントくんについてさらに詳しく

☎ 0120-274-160

▶タントくん公式サイトを見る