パソコンを調べる際のポイント

ヘッダー画像

パソコンを調べる際のポイント

パソコンチェックのイメージ

自分で浮気調査をする上で、パソコンのチェックも欠かせません。

いくらスマホが主流になってきているとはいえ、やはりパソコンも浮気をする上で相手とのやり取りで使用するケースも多く、重要な証拠が眠っている可能性も高いと言えます。

パートナーがパソコンを利用している環境も様々かと思います。

一家に一台パソコンがあり、ログインパスワードを設定せずに共有している場合、もしくは家族それぞれがログインパスワードを設定している場合、また、パートナーが単独でパソコンを所有している場合でもパスワードを設定している場合と設定していな場合など様々なケースがあります。

家族共有にしろ個人所有にしろ、パスワードを設定しているケースでは、それだけ油断している可能性も高く、浮気に関する重要な情報が得られる可能性も高いですが、反対にパスワードを設定していない場合は、こちらは調べやすい環境といえますが、よほど無頓着なパートナーでない限り核心に迫る重要な痕跡を残している可能性は低いともいえます。

それでも、わずかな情報から浮気に繋がる情報が得られる場合もありますので、まずは調べてみた方がいいかもしれません。

ただし、パソコンを調査する上で気を付けなければならないことは、パソコン上でパートナーを監視するという事は、同様にパートナーもこちらを監視している可能性があるという事を念頭に置いておかなければなりません。

例えば、そのパソコンに最初にログインするためにパスワードが設定されていて、あわよくばパスワードを突破できたとしても、そうしたログイン履歴はパソコン上に残りますし、操作履歴を記録するソフトなどを入れていれば、こちらがパソコン上でいろいろ操作した履歴も後で確認できたりします。

つまり、こちらがパソコンを触ったこと、またどのようなことを調べたのかなどがパートナーに筒抜けになってしまう可能性もあります。

従って、パートナーが警戒心が強く、またパソコンにも詳しく、反対にこちらはパソコンは苦手という場合には、あまり無理をせず、パソコンを調べることは避けた方がいいかもしれません。

もしどうしても調べなければならない場合には、ばれることも想定するか、上述したような対策を事前に十分調べてから調査するようにしましょう。

ここでは、最低限、パソコンの中のどういった点に着目して調べていけばよいのか考えてみたいと思いますが、パスワードなしで閲覧できる家族共用のパソコン、また、パートナーが比較的無警戒でパソコンに疎い場合を想定しています。

パソコンのどこを調べればよいのか?

ネットの閲覧履歴

インターネットで閲覧したWEBサイトは履歴としてパソコンに残っています。

閲覧履歴を調べることにより、例えば、ホテル、旅館等の予約サイト、出会い系サイト、オンラインショップサイト等、パートナーが閲覧したサイトを把握することにより、そこから浮気に係る情報が得られるかもしれません。

詳しくは⇒『ネットの閲覧履歴の調べ方』を参照ください。

検索およびフォームの入力履歴

パソコンの設定次第では、GoogleやYahooなどで検索を行う際に検索窓に入力したキーワードの履歴、また、商品購入サイトのフォームや会員ログインページなどのID入力欄に入力した語句も履歴として残ります。

これは、ユーザーの入力を補助する機能で、2回目以降は最初の数文字を入力すれば、自動的に入力候補が表示されるというものです。

この履歴を調べることにより、パートナーがどういったキーワードで検索したのか、またログインページのIDを調べる際にも役立ちます。

詳しくは⇒『検索およびフォームなどの入力履歴の調べ方』を参照ください。

ブックマーク(お気に入り)

パートナーがよく利用するWEBサイトは、ブラウザのブックマーク、もしくはお気に入りに保存している場合もあります。

このブックマークをチェックすることにより、例えば、よく利用するSNS、フリーメール、不倫相手のブログ等々がわかる場合もあります。

これらの情報がわかれば、それぞれのサイトを調べることにより、さらに重要な証拠を得られる可能性も出てきます。

ブックマークの表示方法ですが、ブラウザの種類によって名称は異なりますが、Internet Explorerでは「お気に入り」、それ以外のブラウザでは「ブックマーク」という名称の項目がブラウザ上部のツールバー、もしくは右上の「≡」の中にありますので、それをクリックすれば一覧が表示できます。

メール

メールは、まずパソコンに搭載されているOutlookなどのメールソフト上のメールはもちろんですが、その他にもGmail、Yahooなどのフリーメールなどもあります。

詳しくは⇒『パソコンのメールの調べ方』を参照ください。

アドレス帳

アドレス帳は、通常、上記メールソフト上にありますし、フリーメール上にもあります。

また、別途、アドレス管理ソフトなどがインストールされている場合には、そうした専用ツールの中も調べることにより、パートナーの交友関係がわかり、その中に不倫相手に繋がるアドレスを見つけることができるかもしれません。

スケジュール

スケジュール、つまりカレンダーなどは、上記のフリーメールに付属しているものもありますし、別途、スケジュール管理ソフトなどがインストールされていれば、中を見ることにより、不倫相手とのスケジュールが発見できるかもしれません。

画像および文書ファイル

パソコン上には、フォルダ内やメール添付などの形で各所に画像が保存されています。

画像を調べることにより、不倫相手と一緒に写っている写真などが発見できるかもしれません。

また、WordやExel、メモ帳などの文書ファイルも一通り調べてみることにより、その中にパスワードらしきものが見つかったり、日記や雑記など浮気に関する文書が見つかる可能性もあります。

ただし、ファイルを開いた履歴は残ってしまいますので、開いたファイルの履歴は忘れずに消しておきましょう。

詳しくは⇒『ファイルやフォルダを開いた痕跡の消し方』を参照ください。

家計簿

パートナーが奥さんの場合には、パソコン上で普段から家計簿ソフトを利用して家計簿をつけている場合もあります。

もっとも浮気に関するものを記載している可能性は低いですが、家計簿の中には、詳細な購入品目や金額などが見ることができますので、何かしらの手がかりになる場合もあります。

ゴミ箱

ゴミ箱は、デスクトップ上のごみ箱アイコンをクリックして見ることができます。

この中にパートナーが捨てた文書や画像などが残っていることがありますので、チェックしましょう。

ただし、ゴミ箱の中のファイルをクリックしただけでは、ファイルは開くことができませんので、ファイルを開く場合には、対象ファイルの上で右クリックし、「プロパティ」をクリックし、その中の「元の場所」を控えておき、「元に戻す」ボタンをクリックし、そのファイルが元あったフォルダに移動させてからクリックすると開けます。


以上、それほど目ぼしい証拠は得られなかったという場合もあるかもしれませんが、中には、不倫相手とのツーショットの写真、メールの中に相手とのやり取りが見つかるなど、浮気の確証が得られる場合もありますので、自分で浮気調査を行うにしても、探偵に浮気調査を依頼するにしても重要な資料となります。

得られた証拠や情報は、SDカードやUSBメモリーに保存し、直接保存できないものに関しては、デジカメなどで画像や動画などに収め、大切に保管しておきましょう。

ランキング矢印 浮気調査をプロに任せるなら専門の探偵興信所へ

❖探偵興信所へのお問合せ❖

タントくん説明文

タントくんについてさらに詳しく

☎ 0120-274-160

▶タントくん公式サイトを見る