写真から撮影場所を特定(PC編)

ヘッダー画像

写真から撮影場所を特定(PC編)

写真の撮影場所のイメージ

自分で浮気調査をしていく中で、例えば、旦那さん、奥さんが使用しているスマホやパソコンから不倫相手と思しき人物と一緒に写っている写真などが見つかることもあるかと思います。

見慣れない場所で撮影されたものや店舗、ホテルなど施設内で撮影された写真の場合、場所が特定できれば浮気調査の有力な証拠となる場合もあります。

そのような場合に、写真から撮影された場所を特定する方法について見ていきたいと思います。

この方法の前提として、GPS機能付きのデジカメや携帯電話、スマホで撮影された写真が対象で、フィルム式カメラで撮影されたものやプリンターなどで印刷された写真は対象外です。

仕組みとしては、デジカメやスマホなどで撮影された写真には、各画像ごとに撮影日時、撮影機器名、ファイルサイズ等々の「Exif」情報と呼ばれるものが自動的に埋め込まれます。

この「Exif」情報の中に、撮影場所の経度、緯度などの座標も記録されており、この経度、緯度情報から場所を特定することができるのです。

この経度、緯度などの位置情報は「ジオタグ」と呼ばれ、機器に搭載されているGPSから取得するため、GPSが搭載されていない機器で撮影された写真には使えません。

スマホが普及し始めたころに、こうした写真のジオタグから個人情報が漏えいしてしまうということで、一時話題にもなりましたので、もし対象者がこのことを知っていて、撮影機器でこのジオタグを付加しないような設定をしていた場合にも同じくこの方法は使えません。

また、仮にジオタグを付加する設定のままになっていても、携帯電話の電波とGPSの電波は別ですので、もし室内などでGPSの電波が入らない場所で撮影した際にもこのジオタグは付加されません。

しかし、あまりそうしたデジタル機器の扱いに疎い対象者の場合には、知らずにジオタグが付加されたままの写真を保存している場合もありますので、こうした方法を使ってみるのも一つの手段です。

また、Exif情報は、メールに添付して送られたものや画像を転送した場合でもそのまま残りますので、例えば、対象者が運営しているブログなどに添付した画像に対しても使えます。

ただし、FacebookやTwitter、アメブロなどに投稿された画像の場合、初期設定で自動的にこのジオタグが削除されるようになっています。

その他にも同じような仕様になっているSNSもありますので、すべてのSNSで使えるわけではありません。

写真のジオタグから場所を特定するには

ジオタグを含むExif情報自体は、スマホ上でもパソコン上でも確認できます。

例えば、パソコン上でExif情報を確認するには、下記のように対象となる写真の上でマウスを右クリックし、「プロパティ」⇒「詳細」を開くと確認することができます。

ジオタグの見方

ただし、ジオタグの経度、緯度の座標は60進法で表示されており、Googleマップで検索し地図で場所を表示させるためには、座標を10進法に変換し、検索しなければなりません。

10進法に換算するには、ネット上に便利なサイトもありますので、それらを利用して換算するという方法もありますが、若干手間がかかってしまいます。

そこで、スマホやパソコンに専用アプリやソフトをインストールすれば、画像に埋め込まれているジオタグを含むExif情報からダイレクトに地図表示させることができます。

ここでは、パソコン上で画像から地図表示させる方法について説明していきたいと思います。

パソコン上にある画像を調べる場合には、まずGoogleが無料で提供している「Picasa3」というソフトウェアをインストールします。

「Picasa3」とは、本来、画像管理や編集に使用するソフトウェアですが、その機能の中にジオタグを地図表示する機能もあるのです。

「Picasa3」のダウンロードページ⇒https://www.google.com/intl/ja/picasa/

picasa3のダウンロード画面イメージ

ファイルをダウンロードしたら、保存した「picasa39-setup.exe」ファイルをクリックし、インストールします。

「Picasa3」を立ち上げると、まず最初に「フォトビューアの設定」を問われるウィンドウが立ち上がりますが、必要なければ「Picasaフォトビューアを使用しない」にチェックを入れて「終了」ボタンを押して閉じます。

次に、「Picasaの写真をバックアップ」ダイアログが立ち上がりますが、これも必要なければ「ダウンロードしない」を選択して閉じます。

すると、パソコン内のすべての画像を読み込み始めます。

普通であれば、パソコンに保存されている画像ファイルを一つ一つ開いて疑わしい画像を探さなければなりませんが、「Picasa3」上で一括して確認できますのでとても便利です。

読み込みには画像の数によってはかなりの時間がかかりますので、もし疑わしい画像が特定できていて早く地図表示させたい場合は、「Picasa3」上にドラッグ&ドロップすればその特定の画像が表示されます。

さらに、右下の赤いポイントマークをクリックすると、その画像の撮影場所が地図で表示されます。

picasa3の操作画面イメージ

多少の測位の誤差はあるかもしれませんが、正確な撮影場所が表示されます。

なお、配偶者のパソコンにこの「Picasa3」をインストールした場合は、調査が終了したら怪しまれないようにアンインストールしておくことをお勧めします。

これを使えば、旦那さんや奥さんの浮気場所が特定できたり、また、不倫相手と思しき人物が自宅で一人で撮った写真から相手の自宅を突き止めることもできるかもしれません。

場所が特定できれば、自分で浮気調査をする際にも役立ちますし、探偵や興信所に調査を依頼する際にもおおよその立ち寄り先として情報提供することにより円滑な調査が可能となります。

ランキング矢印 浮気調査をプロに任せるなら専門の探偵興信所へ

❖探偵興信所へのお問合せ❖

タントくん説明文

タントくんについてさらに詳しく

☎ 0120-274-160

▶タントくん公式サイトを見る