不倫相手を知らない方がいい?

ヘッダー画像

やり直すなら浮気相手を知らない方がいい?

知らない浮気相手のイメージ

このサイトでは、不倫相手の身元を調べておくことの重要性について解説してきました。

しかし、必ずしも不倫相手を詳しく知らない方がいい場合もあるようです。

それは、離婚せずにやり直すという場合です。

中には、離婚はしなくても相手への慰謝料請求だけはしたいという方もいらっしゃるでしょうが、慰謝料請求もしない方針なら、知らない方がいいのかもしれません。

具体的な数字があるわけではありませんが、例えば、不倫相手が顔もよく知っている人物だった場合に比べ、浮気の事実はわかってもどこの誰だかわからないというケースの方が、やり直す上で、精神的なダメージからの回復も早い傾向にあるようです。

少し考えてみれば、それもうなずけます。

顔も含め容姿を思い浮かべられる相手の場合、どうしても自分の容姿とを比較してしまいます。

特に旦那さんの不倫の場合には、自分より容姿が良いと思えば嫉妬心も激しくなってしまいますし、だから不倫したんだとか、本当はこういいう女性がタイプなんだとか、その不倫女性と自分を比べ、後々まで苦しんでしまう方も多いようです。

また、どうしても映像として頭に残ってしまうため、旦那さんがその女性に触れているシーンがなかなか離れず、その後の性生活にも影響を及ぼしてしまうケースもあるようです。

その他、自分よりも若ければ、年齢のことでその後もコンプレックスを感じ続けるという場合もあるでしょう。

一方、妻の不倫の場合には、相手の職業や勤務先がわかり、自分よりも経済力があるような人物だった場合には、そのことでコンプレックスを抱き、どうしても妻にあたってしまい、関係修復が遠のいてしまうということもあるようです。

このように、相手を知ってしまったが故の苦しみというものが、その後の関係修復に影響を与えてしまう場合もあります。

浮気が発覚すれば、どうしても相手がどんな人物なのか知りたいと思うものですし、不倫相手がもともと自分がよく知っていた人物だった場合には仕方がないかもしれません。

しかし、もし相手が誰だか知らず、なおかつ、やり直す気持ちの方が強く、慰謝料も請求しないという場合には、あえて相手のことは調べず、すっぱり忘れた方が、比較的早くやり直せるのかもしれません。

用心のために氏名と住所だけでも押えておくという考え方も

しかし、一方では、どんなにやり直しを望んでも、まだ関係が切れていないのではないか等々の不安がよぎり、かえってやり直しに時間がかかるということもあるかと思います。

実際に、別れると固く約束していても、水面下で関係が続いているというケースもあることです。

そこで、もしどうしても不信感がぬぐいきれないという方は、詳しい身元までは調べなくとも、最低限、氏名と住所だけでも確実に押えておいた方がいいかもしれません。

氏名と住所などがわかっていれば、万が一、関係が続いているということが分かった場合には、今度は相手と話し合いを行い、慰謝料の請求を行うなどの対処を迅速に行えるからです。

これが、もし氏名と住所さえもわからなければ、対処のしようがありません。

後から調べるのは、なかなか大変な場合もありますので、できるだけ、不倫発覚時の証拠が十分あるうちに調べておいた方が得策かと思います。

氏名と住所だけであれば、上述したような相手に対する感情も最低限に抑えられますし、これを保険代わりに、後は配偶者を信用しやり直しに向け、前向きに進めるのではないでしょうか。

ランキング矢印 不倫相手の身元調査を頼むなら専門の探偵興信所へ

❖探偵興信所へのお問合せ❖

タントくん説明文

タントくんについてさらに詳しく

☎ 0120-274-160

▶タントくん公式サイトを見る
を知らない方がいい?
  • 身元調査を探偵に依頼する
  • 予備知識
    プロの調査方法に学ぶ
    探偵・興信所に依頼
    調査結果後の対応